MENU

ローンの審査に通らない一番の原因はなんでしょうか

クレジットカードやローンやキャッシングの審査に通らない一番の原因については「他社借り入れ件数」があげられます。他社借り入れ件数というのは、審査を行う際に他の金融会社から借り入れをしている件数のことになります。

 

申し込みをした人がどれだけの借り入れを既にしているのか、また何枚ほどのクレジットカードを所有しているのかということを基準として審査が行われることになります。

 

カードローン審査では「借入れ件数」が重要視される

 

特にローンの審査を行う際にはこの「他社借り入れ件数」が重視されることになります。たとえば同じ200万円の借り入れの場合でも、1社から200万円を借り入れている人と、5社から合計で200万円を借り入れている人とでは信用については全く違っていることになるのです。

 

200万円を1社から借り入れているのであれば200万円をまとめて貸せる信用力がある人ということになりますし、逆に5社から借りているのであれば単独では借りることができず5社からかりてやっと200万円をかき集めた信用力の低い人ということになります。

 

借入れ件数が多いと審査に通るのが難しい

 

それでは実際に審査を受ける場合には、この他社借り入れ件数は何件ぐらいまでなら審査に通るのでしょうか。銀行のフリーローンや大手消費者金融のキャッシングの審査であれば、1〜2件程度なら大丈夫でしょう。3件がボーダーラインと考えてよいと思います。

 

中小の消費者金融なら4〜5件程度でも通る場合はありますが、それ以上になると難しくなります。たとえば収入が多い場合でも、他社借り入れの件数が多いと融資を断られる場合があるので注意が必要です。

 

ちなみにこの他社借り入れ件数については、信用情報機関に照会することですぐにわかりますから、嘘やゴマカシの申請をするとすぐにわかって審査に落ちますので、そのようなことはしないように気をつけましょう。

 

他社借り入れ件数が多い場合にはおまとめローンなどで一本化すると、借り入れ件数が減りますから審査の通過率が上がるかもしれません。